敷地の素材と加工を悩む

· 都市模型

建物は3Dプリンタでプリントするということにしましたが、敷地(建物を設置する土台部分)の素材や加工方法について悩んでいます。

Pinterestで色々な模型を見てみましたが、敷地部分は木質がかっこいいいと感じました。しかし、精度のある加工が難しそうです。板形状になる予定なので、湿気で反ったりしそうです。

ちなみに、MDFは電動カンナにかけられないということがわかりました。刃がベトベトになるらしい。木質ならシナランバーコアが狂いが少ないと、木材加工の専門家から勧められました。候補として覚えておこう。

もう1つの候補はアクリル板です。比較的に耐候性・耐候性もあるので、本命の選択肢です。

他には金属もありか。薄ければレーザーカットができるかもしれない。薄い鉄板など渋いかもしれない。

まずは実験してみよう、ということで、原爆ドーム周辺の500m四方のエリアを切り出してみました。

broken image

この敷地を、アクリル板のレーザーカットで再現してみたいと思います。 では、レーザカットやってくれるところを探します。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK